芦屋芸術|同人誌・現代詩・小説

浮かんでいた

ふたりのときは なにも浮かばなかった   ひとりになってから 浮かんでいた   いっぱい あふれるくらい   あなたと遊んだ さまざまなときが     *きょうのお昼、零

財布

 薄暗い長い橋を渡って、この料亭で酒を飲み、支払いの段になってから、会議があったホテルのロッカーに上着をかけっぱなしだったのを彼は思い出した。上着の内ポケットに財布が入っているのだ。店に事情を説明して、灯りに浮かんだ階段

告知日

孤独なのか 悲しみなのか わからなかった   わからなかったけれど きょうも 歩いていた     *きょうは真夏日に近い暑さだった。午後零時過ぎ。散歩の途中、親水公園の木陰に立って真昼の空を

診察室 第二夜

(博士が語る)  君はなんだなあ、結局、夢を見ているんだ、夢を。  夢を見るのはいい。だが、君のように、夢を生きちゃあ、ダメだ。わかるかい? そうだろ? ベッドから起きて寝間着姿で長靴を履いて、近所の公園で遊ぶなんて。君

診察室

(博士が語る)  正常値なんてないのではないか。すべては大なり小なり狂っているのではないか。だって、もし正常値があるなら、いつの時代でも同じ正常値、同じ常識だけで生きていけるのであってみれば、人間の世界は苦のない世界、楽

激流になるまで

 楽しい一夜を過ごした。そういえばこんな夜は久しぶりだった。酒もなかった。女もいなかった。ひとりぼっちだった。まわりは闇が囲んでいた。しかし、幸せだった。水の音がした。その音は、彼を拒絶するのではなく、和解しようとしてい

亀と蚊取り線香

 普段から毎日家で酒を飲んでいるが、誰かに誘われない限り、滅多に一人で飲み歩くことはない。誘いの手が、この火曜日と木曜日にやって来た。夕方六時頃から、はしごして、午前零時頃まで飲んだ。  きのう、金曜日は午前中だけいつも

白昼夢

夢の中を列車が走っていた 運転手の姿が見えないので きっと おもちゃの電車だ そんなことを 考えながら 列車の座席に座っていた 大きな黒犬を連れた女が 通路を左から右へ歩いて 消えた  悲鳴が聞こえた あの女の声に違いな

来世

なにがなんだかわからなくなってきた 冷蔵庫に生ハムを入れておいたのに 子ブタが座っていた ボクの左手の人差指をくわえた 一気にのみ込んだ 大きくなって 冷蔵庫が破壊された モウと鳴いた 牛が立っていた そうか ボクの来世

書けない?

 しばらく自問自答していた。書かないか、書けないか、あるいはもう書きたくもないのか、いったいどうしたというのだろう。ここ数日来、彼の頭には言葉が浮かばなくなった。不毛な自問自答だけが流れ続けていた。頭の中はもう空っぽだ。

芦屋ビーチクラブ その39

 今朝のビーチには驚いてしまった。漂流物、つまり浜は流れ着いたゴミだらけ。大きな流木もある。八時から一時間くらいの清掃作業ではとても原状回復は無理。  それでも自分たちの出来ることはすべて、やりきった。メンバー、みんな、

亀と植木屋

 昨夕、友人から電話があり、いつものスナックで落ち合った。帰宅したのは十一時半ごろだった。明日は朝八時ごろ我が家の庭の剪定に植木屋さんがやってくる予定だった。といって、もうほとんど明日になっているのだが。  朝、五時過ぎ