芦屋芸術|同人誌・現代詩・小説

「芦屋芸術」十二号を出版します!

 「芦屋芸術」12号を今年の三月一日に出版します。収録作品は以下の通りです。     「えっちゃんの夏」   「月首」   「月光と白薔薇と」   「暗中を模索する その2」    「えっちゃんの夏」

トロツキーの「スペイン革命と人民戦線」

 ジョージ・オーウェルは「カタロニア讃歌」の中で、スペイン内戦の際、たまたまポウム(POUM=統一マルキスト労働党)に所属する義勇軍に参加した、そう述べている。また、ポウムの指導者アンドレス・ニンはかつてトロツキーの秘書

ジョージ・オーウェルの「カタロニア讃歌」

 縁というものは不思議なものである。  スペイン人のホルヘ・センプルンの「ブーヘンヴァルトの日曜日」を読んでいて、ペルー人のセサル・バジェホという詩人を初めて知り、先日「セサル・バジェホ全詩集」を読んだ。その中に、詩人の

「えっちゃんの夏」が、出来ました!

 きょう、午前三時前に目覚め、いま、午前五時半頃、「えっちゃんの夏」が出来ました!  この作品の初稿は、私の妻「えっちゃん」が二〇一四年七月十九日の明け方にこの世を去って、十日余りの後、不意にえっちゃんの最後の時間、その