芦屋芸術|同人誌・現代詩・小説

山下徹のプロフィール

山下 徹

1949年5月18日生

現住所 兵庫県芦屋市海洋町3番5号

メール jackanyet2@gmail.com

<主な作品>

「刻印」(1972.4.17発行、私家版)

「ハンス・ファプーレ」(1973.冬.発行、私家版)

「月首」(1974.5.15発行、私家版)

「月光と白薔薇と」(1974.5.28発行、私家版)

「灰燼抄」(1975.3発行、私家版)

「野の花 空の鳥」(1975発行、私家版)

「黙礼」1982.5~1983.12(1984.5.1発行、私家版)

1984年12月 「黙礼」で第4回銀河詩手帳賞正賞(詩集賞)受賞。選考委員は、杉山平一、中江俊夫、犬塚堯、磯村英樹、以上四氏。

「た」(1987.3.1発行、私家版)

「致死量」(1992.10.25発行、ミッドナイトプレス)

「散乱するものの再生」(1996.9.2発行、ミッドナイトプレス)

「ハンス・ヌケガラッチの旅唄」荒井麻美・山下徹共著(2010.4.1発行、R-design)

「祈禱詩篇」(2010.6.1発行、R-design)

「死の舞踏」(2012.9.2発行、R-design)

「東京マザー」(文:山下徹*写真:山下悦子*2013.11.1発行、R-design)

「ふたりだけの時間」2014.6.11~7.19(2014.9.2発行、R-design)

「詩篇 えっちゃん」2019年7月19日発行(詩:山下徹*写真:山下悦子、芦屋芸術)

「えっちゃん日記」 2019年8月15日完成(未発表)。この作品は日録「ふたりだけの時間」をベースにして、ふたりの出会いと別れを言語作品として完成したものである。四百字詰め原稿用紙百枚余りの作品に、五年の歳月を費やしてしまった。同時進行で、別に二篇の連作を書いている。来年の七月十九日、つまり、えっちゃんの六年目の命日までには、なんとしても完成する。

「えっちゃん幻想」 2020年1月1日完成(未発表)。「えっちゃん日記」の連作の一篇。えっちゃんへの愛別離苦、その哀歌。原稿用紙七十枚。完成するのに四年半かかってしまった。

「えっちゃん祭」 2020年1月12日完成(未発表)。原稿用紙七十枚。これで、「えっちゃん日記」、「えっちゃん幻想」、「えっちゃん祭」、三篇の連作が完成した。

「えっちゃんへの手紙」 2020年1月15日完成(未発表)。これは四章百二十行の詩で、連作えっちゃんの最後を飾る言葉だった。

「刻印」 2020年2月2日改稿。1972年4月17日、ガリ版20部で発表した作品を改稿した。えっちゃんが作ってくれたボクの最初の本だった。

「ハンス・フアプーレ」 2020年2月16日改稿。1973年冬、ガリ版20部で発表した作品を改稿した。えっちゃんが作ってくれたボクの第二作品集だった。

「月首」 2020年3月1日改稿。。1974年5月15日、ガリ版20部で発表した作品を改稿した。えっちゃんが作ってくれたボクの第三作品集だった。

「月光と白薔薇と」 2020年3月8日改稿。1974年5月28日、ガリ版20部で発表した作品を改稿した。えっちゃんが作ってくれたボクの第四作品集だった。

「芦屋芸術十号」2020年7月19日発行。今回の作品はすべて私が書いた。収録作品は、「えっちゃん幻想」、「刻印」、「死の遍歴、死を書くこと」、以上三篇。7月19日は悦子の七回忌。すべての作品を彼女に捧げた。

「えっちゃん祭」2020年8月15日改稿。今年の1月12日に書いた作品を改稿した。この作品は「芦屋芸術」11号に発表する。

「ハンス・フアプーレ」2020年9月2日再改稿。2020年2月2日に改稿した原稿を再改稿した。細部により精密なイメージや音響を刻みつけた。この作品は「芦屋芸術」11号に発表する。