芦屋芸術|同人誌・現代詩・小説

男やもめ

 Ⅰ六月十五日朝五時過ぎ

 

こんなことがあった

 

めまいがして 倒れて

意識が 離れてしまった

 

夢だけになってしまった

帰れなかった

 

 

Ⅱ朝八時過ぎ

 

順次

めくれあがっていく

へらり くるり つるり

 

騒ぎ出した

 

 

 Ⅲ午前十時前

 

回らなくなった

止まった

 

眼の奥に

軽い痛み

 

胃に

吐き気

 

 

 Ⅳ午前十時過ぎ

 

こちら側へ 帰って来た

ずっと リビングのソファに寝転んだまま

 

胃に

吐き気を残して

 

 

 Ⅴ午前十一時過ぎ

 

横になっていたソファから

思い切って 立ちあがった

 

そのまま廊下をふらふら

寝室のベッドに寝転んだ

 

 

 Ⅵ午後零時前

 

気になることがあった

まだふらふらしたが立ちあがった

 

庭でお待ちかねのスズメたちに

ご飯をあげた

 

ダメだ

またベッドに寝転んだ

 

 

 Ⅶ午後二時前

 

鍋に水を入れ

玉子ワンパック十個をボイルした

 

ニンジンを輪切りに

切り始めた

 

そして 花の水替えをした

遅くなってごめんねと呟いていた