芦屋芸術|同人誌・現代詩・小説

ひとつの別れ

この頭から

言葉が消えてゆく

なすすべもなく 消えてゆく

 

それもさよならのひとつだ

 

だけど 空間が沈んでいるところに

消えた言葉が浮かんでいる

そんな別れもあった