芦屋芸術|同人誌・現代詩・小説

「えっちゃん幻想」が出来ました!

 けさ、サイゼリアの裏の波止場まで足を運んで、初日の出を見た。毎年、芦屋浜で仰いでいるが、いま、高潮対策で護岸工事をしているため、芦屋浜は立入禁止になっている。

 東の低い空には雲が出ていて、雲上に太陽が出たのは日の出時間より少し遅れて、七時八分ぐらいではなかったか。きょうこそ仕上げたい、ボクはそう祈った。

 午前中打ち込んで、細部を二カ所修正し、やっと出来上がった。この作品は四年半くらい前に出した「芦屋芸術九号」に発表した「青いひかりの手記」から発展して、おおよそ四百字詰め原稿用紙七十枚くらいになって、やっと完成した。

 

 「えっちゃん幻想」 山下徹作 2020年1月1日了

 

 ことし初めて出来上がった作品である。新年そうそうに、もう五年半昔にこの世を去ったボクのワイフ、えっちゃんへの愛別離苦、その哀歌が完成した。この作品は、ことし六月頃に出版予定の「芦屋芸術十号」に発表しようと思う。